子供の頃、家には庭がありました。

実現不可能な理想の庭
実現不可能な理想の庭
実現不可能な理想の庭

子供の頃、家には庭がありました

子供の頃、家には庭がありました。
コンクリートが打ってあったのですが、その一部を割り、父が家庭菜園を始めたのです。
夏限定でトマト、ナス、キュウリを植えたのですが、キュウリがどんどん実をつけ、トマトは豊作、ナスはなぜか一つだけでした。

けれど、その経験から、新鮮なきゅうりは痛いということを知りましたし、野菜が育っていく様子は神秘的でさえありました。
あの時の思い出が今も夏になるとよみがえり、庭で野菜が作れたらいいなと思います。
けれど、そこは大の虫嫌いの私、ブーンと羽音がしただけで飛び上がってしまいます。そこで、理想の庭は完全なドームです。
天井は日差しがさんさんと降り注ぐようにし、開閉式にもしておきますが、網戸付きです。
つまり、風も雨も通すことはできるのですが、飛んでくる虫だけはシャットアウトするのです。

地面からやってくる虫は仕方ないとしても、この庭なら蜂が入ってくることなく、安心して受粉作業で実をつける野菜を育てられる、理想の庭になると思っています。

お薦めサイト