実家が北海道で、冬は雪に閉ざされます。

実現不可能な理想の庭
実現不可能な理想の庭
実現不可能な理想の庭

実家が北海道で、冬は雪に閉ざされます

実家が北海道で、冬は雪に閉ざされます。庭にある植物はほとんどが枯れて根だけが地中に残り、翌春に芽が出てきます。四季の移ろいを感じる点ではいいのですが、冬に眺める庭は白一色で味気ないものです。
まして住宅地では、降り積もった雪は普通、庭に積み上げていきます。風情も何もあったものではありません。
せめて居間から見える範囲の空間だけでも構わないので、植物の生き生きした姿を見たいものです。
私の両親も高齢ですから、少しでも明るい気持ちで過ごして欲しいという気持ちもあります。
ひとつの理想としては庭に大きな温室が置かれている、あるいはドームですっぽり覆われていて、そこに四季おりおりの植物が咲いているお庭です。

しかし温室=ビニールハウスというイメージがあり、風情とはやや離れます。ドームで覆ってもそこに雪が積もると結局同じことです。

気温の低さと降り積もる雪の処理。実現はかなり難しいかもしれません。
でも雪に閉ざされた北国で生活するお年寄りが明るい気持ちで過ごせるような庭ができればいいですね。

お薦めサイト